モノが氾濫する時代における「強いショップ・プロダクト・売り方」

現代は安価で良質な製品が溢れる高満足社会。
食品でも衣類でも、手頃な価格で高い満足を得ることの出来る製品が溢れ、
「特に欲しいものはない」と感じる生活者が増えているように感じます。

 

このような生活者を相手に、「買ってもらうこと」のハードルはますます高くなっている。
これはプロダクトにしても、サービスにしても同様です。また、今後、「人口減少」「高齢化」は
確実に進み、つまりは「物理的」「心理的」に需要が縮小することを意味します。

 

このよう環境下で、良質な製品・サービスを安く提供できる(スケールメリットを生かせる)
ごくひと握りの企業以外はどのような展開を考えればよいでしょう。

 

多くの企業が抱えるこのような課題に対し、健康博覧会事務局では、
これからの道筋を考えるうえできっかけとなるようなテーマセミナーを行いたいと考えました。
そこで、ショップ・施設・プロダクトに造詣が深く、第一線で活躍されている方々にご協力いただき、
今回の企画を実現しました。「それを買う意味」「そこで買う意味」をどのように演出するのか、
本企画を通じ感じていただければ幸いです。

2020年3月17日(火)14:40~15:30
いま欲しい商材、これから来る商材

佐藤 希奈佳
(株)三越伊勢丹ホールディングス 海外事業部 海外MDディビジョン 化粧品バイヤー

小池 昌孝
伊藤忠食品(株)商品本部 MD統括部 地域産品・ヘルス&ビューティMDチーム チーム長

橋本 真季
(株)ALHAMBRA 代表取締役

2020年3月18日(水)12:00~12:50
ウェルネスがもたらす売り場の変化

佐藤香菜

佐藤香菜
ブランディングディレクター

オーガニックコスメ&フードショップの立ち上げとディレクションを経て、多数の企業のコンサルティングに関わるフリーランスに。
世界中の魅力的なオーガニックコスメやフード、エコ雑貨を求めて旅する様子は、TVの密着番組や雑誌、本人が実体験に基づく言葉で綴るインスタグラム等で発信されている。

2020年3月18日(水)14:40~15:30
累計来店実績71万人 
科学的ストレッチ指導と人が集まる話し方

本講座では①大学との共同研究・学術論文も発表しているストレッチ技術②展示会や催事販売の場における集客術、講師のコアスキル2つを、特別に公開する。健康産業において、手技・施術などの実演、また販売に携わる方は必聴!

兼子ただし
(株)SSS代表取締役
日本ストレッチトレーナー学院 学長
早稲田大学大学院スポーツ科学修士

日本初ストレッチ専門店を出店させ、71万人の来店者数を誇る店舗を経営するカリスマストレッチトレーナー。また通販番組で82億円の売上記録を持つセールスマンとしての顔も持つ同氏。

2020年3月18日(水)14:40~15:30
健康と美容ビジネスの
次のキーワードは「Jウエルネス」

江渕 敦
ダイエット&ビューティ 編集長 事業部長