新型コロナウイルスへの対策について

2019年12月に中国・武漢にて発生し、感染の広がりが報告されている新型コロナウイルスに関し、
UBMジャパン株式会社は、展示会参加者の皆様とスタッフの安全を最優先に考えております。


厚生労働省の報道発表資料では、

「新型コロナウイルス感染症は、我が国において、現在、流行が認められている状況ではありません。
 国民の皆様におかれては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。
 感染症対策に努めていただくようお願いいたします。」

「多くの方が集まるイベントや行事等に参加される場合も、お一人お一人が咳エチケットや頻繁な手洗いなどの実施を心がけていただくとともに、
 イベントや行事等を主催する側においても、会場の入り口にアルコール消毒液を設置するなど、可能な範囲での対応を検討いただけますよう
 お願いいたします。」


とのメッセージが出されております。


来月開催の健康博覧会は、厚生労働省ならびに世界保健機関(WHO)が推奨する対策を講じながら、
展示会開催へ向けた準備に取り組んでいます。

今後の状況に鑑み、開催計画に変更が生じる場合は、展示会webサイトやメールを通じてご報告いたします。
よろしくお願い申し上げます。

 

<関連情報>

・内閣官房 新型コロナウイルス感染症の対応について
 http://www.cas.go.jp/jp/influenza/novel_coronavirus.html

・厚生労働省 報道発表資料
 https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/index.html

 

<決定している対策>

・手洗消毒液と注意喚起サインの設置
・救護室の設置
・展示会全参加者へのマスク着用の奨励