2018年4月24日
【珪素(ケイソ)】市場規模180億円、美容商材が伸長

珪素商材市場、2割アップの180億円に!―― 2017年の珪素商材市場では、美容系商材の販売が伸長した。背景には、コラーゲンの働きをサポートし肌の弾力維持や保湿力を向上させるなど、珪素の美容効果が関連書籍等で広まったこと、海外の有名なセレブが美容のために珪素商材を利用しているといったニュースから、“美のミネラル”としての認知が広まったことが挙げられる。


■必須ミネラル「珪素」の機能性に注目集まる


珪素は人体のあらゆる細胞や組織、臓器等に存在し、これらを構成する必須ミネラルとして人々の健康とも密接に関わっている。珪素研究の第一人者で関連著書も多い医学博士の菅野光男氏によると、珪素が健康に与える影響として①血管の強化、②デトックス効果、③骨を丈夫にする、④抗酸化作用、⑤ミトコンドリアの強化と増強、⑥長寿遺伝子のスイッチをオンにする―― などがあるという。また近年は、珪素のコラーゲン繊維補強による肌の弾力や保湿力の向上、細胞の抗酸化に有効な点が、関連書籍等でも紹介されている。


■美容商材の伸長で、2ケタ成長


こうした中、健康・美容業界で珪素商材の売れ行きが急伸している。珪素商材市場で約9 割のシェアを持ち、2004年から水溶性珪素『umo®』を供給する業界のリーディングカンパニーであるAPAコーポレーションによると、2017年の珪素商材市場は、末端ベースで約180億円(前年比120%)。2 年連続で2 ケタ成長している。同社の岡田憲己社長は、2017年の市況について「美容系商材への広がりが進んだ1 年」と振り返る。

これまでは、統合医療を実践するクリニックでの栄養療法やサプリメント療法としての活用、宣講販や配置薬、治療院など対面販売ルートでの流通が主で、体感を得たユーザーの口コミを中心に広がってきた。ただ近年になって、海外の有名なセレブが美容のために利用していることが話題になるなど、“美のミネラル”として珪素の認知度が高まっており、エステ業界や化粧品業界でも珪素商材の販売に乗り出す動きが進んでいる。



詳しくは健康産業新聞第1642号(2018.4.18)で
健康産業新聞の定期購読申込はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
ページトップへ戻る