2018年3月26日
高齢者のネット通販利用は月1回以下

㈱日本能率協会総合研究所はこのほど、60歳から90歳までのライフスタイルに焦点をあてた「高齢者ライフスタイル構造基本調査2018」を発表した。


高齢者の健康に対する意識は、確かに高いものの男性は70代後半、女性は70代前半がピークで、その後は高齢になるほど消極的になる傾向に。特に85~90歳では「積極的に気づかっている」は大きく低下している。食に対する意識も変化し、加齢とともに健康からおいしさ優先に。80歳前半でおいしさ優先の割合が過半数を超え、85~90歳で67%に達した。

さらに、多くの高齢者は加齢とともに買い物に消極的になり、楽に買い物を済ませたいという志向が顕著に。またネット通販の利用率は60代前半でも1ヵ月あたり1 回未満でそれ以降は低下している。


詳しくは健康産業新聞第1639号(2018.3.7)で
健康産業新聞の定期購読申込はこちら

来場事前登録はこちら
出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
宿泊プランのご案内
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
PR
第10回中国国際健康食品展示会 アジアの自然・栄養健康食品展2019
IHE China
ページトップへ戻る