2017年11月21日
ライザップ、長野県伊那市とコラボ

RIZAP㈱(東京都新宿区)は11月8 日、“日本一の健康シティ”を目標に掲げる長野県伊那市と連携、自治体向け「成功報酬型 健康増進プログラム」を開始することを発表した。

「結果にコミットする。」の同社サービスコンセプトに基づき、参加者の3 ヵ月の体力年齢改善および医療費削減額の結果に応じた「成果報酬型」を採用している。昨年には、静岡県牧之原市で、シニア層を対象とした健康増進プログラムを実施し、成功を収めている。今回の長野県伊那市との取り組みを通じ、通常のマンツーマン「1:1 」で実施するRIZAPプログラムに加え、「1:多数」の自治体向けプログラムを強化していく。また、初の試みとして、伊那市のふるさと納税の返礼品として、R I Z A Pの各種サービスおよびサプリメント等を提供していく計画。

同社では今後、医療費最適化に加え、介護を含めた社会保障費全体の最適化に向けた検証を進め、自治体健康増進プログラムにおいて、「持続可能な成果報酬型」モデルの構築を進めていく。





詳しくは健康産業新聞第1632号(2017.11.15)で
健康産業新聞の定期購読申込はこちら

来場事前登録はこちら
宿泊プランのご案内
出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
同時開催展
Food Produce Japan
ページトップへ戻る