2017年10月24日
【アクティブシニアサポート】高齢者の低栄養と虚弱、サポ…

【アクティブシニアサポート】高齢者の低栄養と虚弱、サポート食品で予防



超高齢社会の真っただ中にあるわが国では、団塊の世代が75歳となる2025年には後期高齢者が全人口の18%を占めることになる。また60年には、人口が8,674万人まで減少する一方で、65歳以上は全人口の40%に達すると予測されている。スポーツやレジャーにいそしむ前期高齢者が増える半面、問題視されているのが要介護・要支援状態となった後期高齢者の増加だ。健康寿命延伸が国策として掲げられ、予防医療と健康長寿を経済成長につなげる社会体系を構築するには“栄養と運動”が大きなカギを握る。骨・関節関連のサプリメント市場は1,000億円に迫る勢いで成長。タンパク質やビタミンDなど高齢者栄養をコンセプトとした一般加工食品もチャネルや売り場を拡大している。注目のアクティブシニアサポート食品市場を追った。





詳しくは健康産業新聞第1630号(2017.10.18)で
健康産業新聞の定期購読申込はこちら

来場事前登録はこちら
宿泊プランのご案内
出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
同時開催展
Food Produce Japan
ページトップへ戻る