2013年12月5日
【水素】市場規模、200億円の大台に到達!

水素商材の市場がいよいよ200億円の大台を突破―― 今回本紙では、主要メーカー100社への取材およびアンケートで、各社の業況を調査(回答35社)。調査を元に、2013年度の各社の水素商材の売上高を合算した結果、約180億円(前年比109%)となり、市場全体では200億円の大台に到達したと予想される。TV番組や雑誌など、水素の効果や関連商材がメディアに取り上げられる機会が増えたことで新規ユーザーの獲得に成功、裾野が広がった。小売店舗を中心に販路も飛躍的に拡大し、水素が人目に触れる環境が整いつつある。さらに海外進出も活発化している。一方で、市場は玉石混交の様相。主導権争いも熱を帯びてきている。こうした中、市場の健全な発展に向けて新たな業界団体も発足。水素商材市場は次なるステップに進み始めた。



◆ヒト臨床など広がる水素研究背景に、関連商材市場も拡大



2007年のネイチャー発表以降、6 年が経過し、国内外の大学や研究機関から発表された水素の有用性に関する論文は、国際ジャーナルレベルで250報以上と言われる。現在までに確認されている水素の有用性は、抗酸化作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用、エネルギー代謝亢進作用―― など。具体的には、心筋梗塞やⅡ型糖尿病、動脈硬化、虚血再灌流障害、学習・記憶能力の低下予防、脳梗塞、パーキンソン病、ミトコンドリア病、リウマチ―― など。現在は基礎研究から動物試験を経て、筑波大では認知障害、順天堂大ではパーキンソン病など、複数の大学でヒト臨床試験も行われている。実際に医療現場で水素を活用する動きも見られる。一方、美容・アンチエイジング分野でも、水素のコラーゲン構築効果や脂肪滴・セルライト抑制効果、メラニン抑制・美白効果――などのデータが発表されており、医療や予防医療、健康に加えて美容分野でも水素の有用性に注目が高まっている。

これら豊富なエビデンスを背景に、水素商材の市場も拡大している。今回本紙では、水素商材の取扱メーカー100社を対象に、取材およびアンケート調査を実施、35社より回答を得た(昨年25社)。2013年度の各社の水素商材の売上高(見込みも含む)を合算した結果、約180億円となり、対前年比109%だった。全社から回答を得た訳ではない点、回答企業の対前年増加率の平均値などを考慮した結果、市場全体では200億円の大台に到達したと予想される。また日本トリムやパナソニック等が展開する「アルカリイオン整水器」を水素商材に加えた場合、市場規模は300億円を超え、いよいよ水素商材が健康・美容分野の1 ジャンルとして台頭してきたことがうかがえる。



◆小売店採用拡大、新規ユーザー獲得海外進出も活発化



今年の市場動向をみると、この数年来、撤退する企業も見られた「アルミパウチ入り水素水」の売れ行きが大幅に復調。回答のあったアルミパウチ入り水素水の充填工場や販売メーカー各社の対前年増減率は平均で150%、なかには200%という回答もみられた。背景には、ここ1 、2 年TV番組や雑誌を通じて水素の健康や美容、アンチエイジング効果が頻繁に特集されるようになり、新規ユーザーが増加していることが挙げられる。新規ユーザーにとっては、ネット通販などで簡単に購入できるアルミパウチ入り水素水が身近な水素商材として認識されているようだ。

この動きは業界全体にとっても追い風だ。ここ数年の市場は、水素のヘビーユーザー中心に動いており、今一つ大きな盛り上がりに欠けていた。今回の取材からは、これまでのヘビーユーザー中心の市場から脱却し、新規ユーザーを取り込むことで、市場の裾野が広がり始めたことをうかがわせる。


実際、今年に入って水素商材の販売ルートが拡大している。昨年の本特集で一般流通への広がりについて触れたが、今回の取材ではドラッグストアや薬局・薬店、コンビニエンスストア、百貨店、バラエティショップ、スーパー、量販店などが、アルミパウチ入り水素水や水素サプリメント、水素水生成スティックなどを積極的に採用、家電量販店や電器店でも複数ブランドの水素水生成器を取り扱い始めるなど、特に小売店舗での水素商材の採用が飛躍的に増加していることがうかがえた。さらに、「大手量販店からPBの案件が来ている」「一部上場企業がコンビニルートでの販売を検討している」―― など、来年に向けて明るい話も多く聞かれた。

今年の新たな動きとしては、医療ルートと美容ルートの伸長が挙げられる。医療機関では、特に歯科医や獣医ルート、治療・施術院などへの水素商材の導入が増えていることが分かった。なかでも今回、多くの企業が「採用が増えている」と回答した歯科医ルートでは、水素水サーバーを導入して、口を濯ぐ水を水素水にする、水素ガムや水素水の物販など、口腔ケアや歯周病予防のために水素商材が活用されるケースが増加しているようだ。また美容ルートでは、エステサロンや美容院、ダンス教室、ホットヨガ、スパ施設などで店頭サービスとして水素水サーバーを導入するケース、メニューに水素水洗顔や水素化粧品などを加えるケース、物販商品として水素水や水素サプリメント、水素化粧品を採用するケースなどが増加している。9 月の「ダイエット&ビューティーフェア」でも水素商材の取扱企業が数多く出展し、初めて「水素ゾーン」ができるなど、美容業界でのニーズが高まっていることがうかがえる。

その他、水素水サーバーをオフィスに拡販する企業、プロスポーツ団体や大学、高校の運動部に導入を進める企業、携帯電話ショップに導入を図る企業、水素スティックをプロの料理人を通じて外食産業に拡販する企業、水素水を農業分野に導入して成果をあげる企業、大型の水素水生成装置を競走馬の厩舎に導入する企業―― など、ユニークな取り組みを展開する企業も複数見られた。これら盛り上がりを見せる国内市場に加え、今回の取材では水素商材メーカーの海外進出が進んでいることも分かった。進出先は、中国や台湾、韓国など東アジアが最も多く、フィリピンやシンガポール、マレーシア、タイなど東南アジア、カナダ、ロシアなど様々。水素商材の市場は今後、グローバルな展開にも期待される。


健康産業新聞1506号(2013.11.13)より一部抜粋

出展資料請求はこちら
来場事前登録はこちら
宿泊プランのご案内
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
健康産業に精通した業界専門紙記者が健康食品の「買いたい」「つくりたい」をバックアップ!
出展社専用ページへ
ページトップへ戻る