2019年8月9日
JST支援事業、ルテイン高含有の製品開発等

 科学技術振興機構(JST)は7月29日、研究成果最適展開支援プログラムの機能検証フェーズ試験研究タイプで125件の新規課題を採択したと発表。研究開発費の上限は300万円。454件の応募の中から選定した。

 「ルテイン高含有の“歯周病予防ケア製品”の開発」(研究代表者:東京農工大学・稲田全規氏)、「微細藻類抽出成分によるノロウイルスも殺せる安全な殺ウイルス」(研究代表者:中部大学・河原敏男氏)、「骨量維持作用を示すフラボノイドの作用機序解明による機能検証」(研究代表者:愛媛大学・今井祐記氏)等が採択された。




詳しくは健康産業速報第2351号(2019.7.30)で
健康産業速報の定期購読申込はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
PR
第10回中国国際健康食品展示会 アジアの自然・栄養健康食品展2019
IHE China
ページトップへ戻る