2019年5月15日
静岡県、農林水産物DB公開 機能性成分など紹介

 静岡県は5月9日、県内農林水産物の特長・機能性成分などの情報をまとめたデータベースを3月に公開したことを発表した。

 特産品104品(野菜17、果樹24、茶3、畜産物2、水産物30、遺伝資源・在来作物28)をデータベース化。新成長戦略研究「健康長寿静岡の新たな機能性食品産業の創出」に基づき作成した。

 「全国シェア10位以内の品目」「静岡県ならではの品目」などが分かるようになっており、機能性を生かした新商品・加工品開発などに活用できるとしている。

 データベースは、新たな機能性表示食品等の開発支援を目的に、フーズサイエンスセンターが運営管理。アドレスはhttp://www.fsc-shizuoka.com/



詳しくは健康産業速報第2328号(2019.5.10)で
健康産業速報の定期購読申込はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
PR
第10回中国国際健康食品展示会 アジアの自然・栄養健康食品展2019
IHE China
ページトップへ戻る