2019年2月7日
中年期のHDLコレステロール、20年後の認知機能に関係

 国立がん研究センターは1月24日、「血中HDLと軽度認知障害・認知症との関連」について、研究結果を公表した。中年期のHDLコレステロールが約20年後の認知機能に関係があることが示された。

 調査は40~50代の約1万2,000人の内、1,114人のデータについて、HDLコレステロールとその後の軽度認知障害・認知症との関連を調べた。

 血中コレステロール濃度により、4グループに分類。血中コレステロール濃度が一番低いグループを基準とした場合、血中HDLコレステロール濃度が一番高いグループの軽度認知障害のリスクは0.47倍と、53%の低下が見られた。認知症については、基準グループ以外のグループのリスクは0.37倍となり、63%の低下が確認された。



詳しくは健康産業新聞第1661号(2019.2.6)で
健康産業新聞の定期購読申込はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
宿泊プランのご案内
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
PR
第10回中国国際健康食品展示会 アジアの自然・栄養健康食品展2019
IHE China
ページトップへ戻る