2018年7月12日
吸収性向上素材・技術 〝サプリ力〞強化

吸収性向上=体感性アップ」を実現する素材・技術への注目が高まっている。1本買いが主流となるエナジー・栄養ドリンクでは、従来から即効性を重視した商品設計が多いが、サプリメント分野においても、「“お試し商品”でどれだけ体感・即効性が得られるか。それがリピーター獲得の生命線」(大手通販企業)とするように、吸収性向上を介した体感・即効性の向上は、サプリメント開発に欠かせないキーワードだ。素材分野では、ブレンド成分の吸収促進作用を有する黒胡椒抽出物を筆頭に、発酵高麗人参、還元型原料などがある。高麗人参、シトルリンなどの血流改善素材の応用も。技術分野では、ナノ(リポソーム)化、微粒子化技術など。受託製造企業が独自製剤・技術としてアピールしている。


■吸収性向上訴求で「コショウ」に引き合い クロレラ、グルコサミンへの応用も

現在市場で提案されている吸収性向上素材は、「汎用型」「特化型」「個別型」に大別される。

「汎用型」は、黒胡椒抽出物を筆頭に、高麗人参、シトルリンなどの血流改善素材など。黒胡椒抽出物については、㈱サビンサジャパンコーポレーションが、機能性成分の生体利用効率を高める特許素材『バイオペリン®』を提案。「体感面の向上や処方のコンパクト化」が評価され、国内外において、販売量は拡大を続けている。

「特化型」は、特定成分の吸収性を向上する素材。明治フードマテリアが提案、カルシウムの吸収性率向上機能を有する「CPP」などが代表的。

「個別型」は、独自の抽出法や乳化・発酵技術などを活用し、素材自体の吸収性を高めたもの。高吸収性クルクミノイド、発酵高麗人参や、生体内利用率の向上を目的に設計されたCoQ10などがあり、各社では、ハイグレード原料として提案している。メイン素材の少量化(粒数の少量化)にも繋がることから、クロレラやグルコサミンなど、1 日目安摂取量が比較的多い素材への応用研究も進んでいるようだ。


詳しくは健康産業新聞第1646号(2018.7.4)で
健康産業新聞の定期購読申込はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
ページトップへ戻る