2018年6月21日
機能性表示食品、「現在摂取している」9.9%

機能性表示食品を現在摂取している割合は約1割で、前年に調査した結果と同率だったことが、消費者庁の委託事業調査で示された。一方、特保は「現在摂取」の割合が減少している。

消費者庁は先月31日、2017年度の「食品表示に関する消費者意向調査」の報告書を公表。委託により㈱オノフが実施した。調査は今年1~2月にインターネットで全国の15歳以上の消費者を対象に行い、有効回答1 万1,391件から無作為に1万サンプルを抽出した。

「食品表示」の理解度は、3人に1人が「どのようなものか知らない」と回答。2015年4月に「食品表示制度」が新しくなったことを知っていたのは16.9%にとどまった。

製造所固有記号制度を知っていた割合は28.5%。新たな「食品表示制度」で製造所固有記号の前に「+」が付くことは9割が知らなかった。新たな製造所固有記号を消費者庁HPで確認できることを知っていたのは15.7%。このうち41.4%が、実際に確認したことがあると回答した。

また、保健機能食品の認知度を調査。「どのようなものか知っている」との回答割合は、特保が29.6%で最も高く、機能性表示食品が15.8%、栄養機能食品が15.3%。わずかではあるが、制度ができて3 年の機能性表示食品が、2001年導入の栄養機能食品を上回った。ただ「聞いたことがなく、どのようなものかも知らない」との回答は、機能性表示食品が19.4%で、栄養機能食品が18.8%、特保が9.2%という結果だった。



詳しくは健康産業新聞第1645号(2018.6.20)で
健康産業新聞の定期購読申込はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
ページトップへ戻る