2018年5月29日
DgS、17年度健食販売額2000億円突破

経済産業省は先月27日、商業動態統計速報を発表、ドラッグストアでの2017年度の健康食品販売額は前年度比4.6%増の2,083億円に拡大した。店舗数の増加によって、健康食品にとどまらず、調剤医薬品から食品まで、全ジャンルで販売額が増加した。

17年度のドラッグストア販売額トータルは6 兆1,612億円で、前年度比6.4%増。調剤医薬品、OTC医薬品、ヘルスケア用品、健康食品、ビューティケア、トイレタリー、家庭用品・日用消耗品・ペット用品、食品など全ジャンルで販売額が前年度を上回った。

ドラッグストアを牽引するのは「食品」だ。17年度の販売額は1 兆6,603億円で全体販売額の27%を占める。伸び率も9.3%増で最も高かった。サプリメント、ダイエット食品、粉末青汁、健康茶などを対象とする「健康食品」は2,083億円で、前年度比4.6%増。ドラッグストア販売額に占める割合は3.4%だった。

ドラッグストア好調の背景には店舗数の増加がある。17年度の店舗数は1万5,198店舗で、前年度比4.7%増となった。都道府県別では、東京都が約1,700店舗で最も多くなっている。

商業動態統計は百貨店、スーパー、コンビニ、家電大型専門店、ドラッグストア、ホームセンターの動向を調査。ドラッグストアにおいては健康食品を調査対象としている。


詳しくは健康産業新聞第1644号(2018.5.16)で
健康産業新聞の定期購読申込はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
ページトップへ戻る