今回のみどころ特集

腸内環境改善

腸内細菌の陣取り合戦

腸内細菌は、善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3つに分類することが出来ます。
みなさんもよくご存知の乳酸菌やビフィズス菌は善玉菌の代表格です。

皆さんの腸内では、善玉菌と悪玉菌は絶えず陣取り合戦を繰り広げており、
どちらが優勢になるかが皆さんの体調に影響しています。

腸の働きとしては,消化吸収やビタミンの生成が主なものとしてありますが、  
ここで強調したいのは「免疫」です。

免疫機能のおよそ7割は腸に集中しており、アトピー、メタボ、花粉症、  
インフルなど、実に多くのリスクから私たちを守ってくれています。

腸内環境を良好に保つには?

実際の戦でも兵糧が重要なように、腸内細菌にとっても兵糧は重要な要素です。
腹が減っては、ですね。

実は、善玉菌が好む食事と悪玉菌が好む食事は異なります。
ざっくり記述すると、善玉菌は食物繊維やオリゴ糖を好む一方、  
悪玉菌は高タンパク・高脂肪の食品を好みます。

いまの食生活を見直して、出来る範囲で発酵食品や野菜・果物を摂取したいところです。
もちろん、食事以外にも睡眠・運動などが大切であることは言うまでもありません。

本展で探せる関連商材例

これまで見てきたことは、健康系番組や女性誌、ネットなどのメディアを通じて発信されており、
この観点で商品を選ぶ方が増えていると言えます。
本展でお探しいただける関連商材を一部ご紹介しておきます。

天然のインシュリンともいわれる「イヌリン」が豊富!
善玉菌のエサになり成長・増加を促します
無農薬栽培 菊芋パウダー
菊池渓谷の清らかな水と肥沃な土壌によって育つ菊芋。
イヌリンのほか、ビタミン・ミネラル・食物繊維も腸内環境改善に
嬉しい商品です。お茶、チップスなどのラインナップもあり。
1P-41 菊池市菊芋ヤーコン振興協議会
善玉菌が喜ぶオリゴ糖
甘すぎないので主食・副食いろいろ添加OK
ビートオリゴ+ファイバー(乳酸菌生産物質入り)
北海道産さとう大根(甜菜)から精製されるビートオリゴ糖を使用。
甘さは砂糖の20%程度で甘すぎないので色々な料理に添加いただけ
ます。善玉菌が喜ぶ食事づくりにご利用いただきたい商品です。
1G-37 (株)ビオネ
出展資料請求はこちら
来場事前登録はこちら
宿泊プランのご案内
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
健康産業に精通した業界専門紙記者が健康食品の「買いたい」「つくりたい」をバックアップ!
出展社専用ページへ
ページトップへ戻る